ホーム > 技術研究所 > 研究者一覧 > 宇夫 陽次朗 主幹研究員

研究者一覧

宇夫 陽次朗 主幹研究員

宇夫 陽次朗 写真

主幹研究員
宇夫 陽次朗 Yojiro UO

実空間情報とインターネット技術の融合

我々が生活している空間の情報的な強化を目的に、識別子技術、実空間情報処理技術、ロボット技術とネットワーク技術の融合を研究しています。

研究分野

我々が住んでいる世界(=実空間)に存在する様々な物に関連する「情報」や「過去の記録」を扱いやすくする方法を研究しています。現在は物理的な物体を表現する情報や、物体が世界とインタラクションした結果発生した情報は、そのままなんら記憶されることなく消えていってしまうことがほとんどです。たとえ、あとでその情報が必要とされるとしても、消えていってしまった情報を利用することはできません。 これらの実空間の中で発生する様々な「情報」をネットワークの世界における情報のようにコンピュータで処理できる形に変換することができれば、日々強力になっていく情報処理技術やネットワーク技術の力を活用して我々の生活により密接に関係する新しいアプリケーションを作り出すことができるようになるはずです。 そこで、電子タグ(RFID)やネットワークを介した識別子交換技術(Auto-ID)、識別子付け技術、センサー技術、ロボット技術などを組み合わせ、様々な実空間情報を情報処理可能な形式に変換し、情報構造を構築することで、我々の生活を情報的に強化していくためのアーキテクチャの研究しています。

  • Auto-ID (RFID)を用いた識別子付与技術・情報処理
  • 実空間情報処理(ロボット技術とインターネット技術の融合)
  • トラフィックエンジニアリング/MPLS (Ayame Project)

活動

出版物

論文

  • Use of RFID at large-scale events
    Yusuke KAWAKITA, Yojiro UO, Osamu NAKAMURA, Jun MURAI, IATSS RESEARCH, Vol.29, No.1, pp.31-39, May 2005
  • MPLS研究開発プラットホームAYAMEの設計・実装と拡張
    宇多仁, 小柏伸夫, 宇夫陽次朗, 篠田陽一, 電子情報通信学会論文誌, インターネット技術と応用の最新動向小特集号, J87-D-I, 5, 536-543, 2004/05
  • 既設MPLS網への導入を考慮したMPLSマルチキャスト機構の実装と評価
    小柏伸夫, 宇多仁, 宇夫陽次朗, 篠田陽一, 電子情報通信学会論文誌, インターネット技術と応用の最新動向小特集号, J87-D-I, 5, 544-552, 2004/05
  • White paper: Internet and Auto-ID Architecture
    Yojiro UO, Yuusuke KAWAKITA, Hisakazu HADA, Osamu NAKAMURA, Jun MURAI, Auto-ID Center White Paper Series, AUTOID-KEI-WH002, Oct 2003
  • White paper: Field Trial: Publishing of Auto-ID Enabled Book
    Hisakazu HADA, Yuusuke KAWAKITA, Yojiro UO, Osamu NAKAMURA, Jun MURAI, Auto-ID Center White Paper Series, AUTOID-KEI-WH001, Oct 2003
  • 細粒度SLA遂行のための多重フェーズLSP設定機構の設計と実装
    宇夫陽次朗, 宇多仁, 小柏伸夫, 篠田陽一, 電子情報通信学会論文誌(和文B), Vol.J85-B, Num.8, pp.1191-1198, 電子情報通信学会, 2002/8
  • 解説・次世代インターネット研究開発の最前線, 10. 研究用MPLSシステムの開発と運用実験
    宇夫陽次朗, 宇多仁, 小柏伸夫, 情報処理学会学会誌 情報処理 2001/4 pp382-387
  • AYAME: A design and implementation of the CoS capable MPLS layer for BSD Network stack
    Yojiro UO, Satoshi Uda, Nobuo Ogashiwa, Satoshi Ohta, Yoichi Shinoda, INET2000, ISOC, Jul 2000

会議、ワークショップ論文

  • イベント参加者の交流を促進するシステム「タグ・マッチ」の開発と評価
    石橋賢一, 米田孝弘, 松浦知史, 宇夫陽次朗, 砂原秀樹, マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム(DiCoMo 2006), 香川県, Jul 5-7, 2006
  • An Operational Demonstration of a Mobile Network with a Fairly Large Number of Nodes
    Keiichi Shima, Uo Yojiro, Nobuo Ogashiwa and Satoshi Uda, International Symposium on Applications and the Internet Workshop (SAINTW'06), pp.6-9, January 27, 2006.(slides)
  • Ecosystem of Naming Systems: Discussions on a Framework to Induce Smart Space Naming Systems Development.
    Yusuke DOI, Shirou, WAKAYAMA, Masahiro ISHIYAMA, Satoshi OZAKI, Tomohiro ISHIHARA, Yojiro UO, Dependable and Sastainable P2P (DAS-P2P) Workshop, Vieena, 2006
  • BLAST-CAST: A bi-directional label switched multicasting
    Nobuo Ogashiwa, Yojiro Uo, Satoshi Uda, Yoichi Shinoda May 2002, International Workshop on Communications Quality and Reliability (CQR2002) Sponsored by IEICE communication society and IEEE communication society
  • IPv6 support on MPLS network: Experiences with 6PE approach
    Satoshi Uda, Nobuo Ogashiwa, Yojiro Uo, Yoichi Shinoda Jan 2003, (SAINT2003) Proceedings of SAINT2003 workshops, IEEE Computer Society
  • MPLSにおけるIPv6転送機構の実装と運用
    宇多仁, 小柏伸夫, 宇夫陽次朗,篠田陽一 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPS2002), 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2002, No.15, pp.245-250 情報処理学会, 北海道函館市 (Oct 2002)
  • MPLSマルチキャスト転送機構の設計と実装
    小柏伸夫, 宇夫陽次朗, 宇多仁, 篠田陽一 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPS2002), 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2002, No.15, pp.239-244 情報処理学会, 北海道函館市 (Oct 2002)
  • 多配送層フレームワークにおけるパケット品質制御可能ネットワークモデルとMPLSを用いた実現
    宇夫陽次朗, 小柏伸夫, 宇多仁, 篠田陽一, 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPS2000) 論文集, Decemver 2000
  • MPLS実装AYAMEにおけるパケット転送機構の設計および実装
    宇多仁, 宇夫陽次朗, 篠田陽一, マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPS2000)論文集 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2000, No.15, pp.127-132 情報処理学会, (Dec 2000) [学生論文賞受賞]
  • 多経路制御面型マルチキャストの設計と実装に関する考察
    小柏伸夫, 宇夫陽次朗, 宇多仁, 篠田陽一 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPS2000)論文集 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol.2000, No.15, pp.175-180 情報処理学会, (Dec 2000)
  • 配送機構の形式的記述スキーマの設計と多層経路制御層型アーキテクチャを用いた配送層の実現
    宇夫陽次朗, 小柏伸夫, 宇多仁, 篠田陽一, 日本ソフトウェア科学会, インターネットテクノロジーワークショップ (WIT2000)(September 2000)
  • 多層経路制御層型マルチキャスト配送のMPLSによる実現
    小柏伸夫, 宇夫陽次朗, 篠田陽一, 日本ソフトウェア科学会, インターネットテクノロジーワークショップ(WIT2000)(Sep 2000)
  • 大規模な仮設ネットワークテストベッドの設計・構築とその運用
    宇夫 陽次朗, 石山 政浩, 新 善文, 村井 純, インターネットコンファレンス'97., December 1997.
  • 計算力を持つネットワークのアーキテクチャ
    宇夫 陽次朗, 篠田 陽一, マルチメディア通信と分散処理ワークショップ, 情処ワークショップ論文集Vol.96, No.1, October 1996.
  • 頑健なメールシステムの構築
    宇夫 陽次朗, 馬場 始三, インターネットコンファレンス'96., July 1996.

その他論文(査読なし発表など)

  • NP(Network Processor)を用いたMPLS LSRの実装
    渡邊林音, 宇多仁, 小柏伸夫, 宇夫陽次朗, 篠田陽一, 電子情報通信学会, 通信ソサイエティ, インターネットアーキテクチャ研究会(第一回研究会), (May 2003)
  • N* (NStar): ns-2の real external interface の構想
    宮地利幸, 宇夫陽次朗, 森島直人, 篠田陽一, 情報処理学会, マルチメディア通信と分散処理(DPS)研究会(June 2001)
  • Path Snapper: MPLS検証システムの構想
    瀧智博, 宇夫陽次朗, 宇多仁, 森島直人, 篠田陽一, 情報処理学会, マルチメディア通信と分散処理(DPS)研究会(June 2001)
  • NATゲートウェイを通過するフローの網内での識別手法の提案
    横山輝明, 森島直人, 小川晃通, 宇夫陽次朗, 宇多仁, 江崎浩, 山口英, 情報処理学会, マルチメディア通信と分散処理(DPS)研究会(June 2001)
  • マルチプロトコルラベルスイッチング技術を用いたマルチキャストに関する調査
    小柏伸夫, 宇夫陽次朗, 篠田陽一, 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科 リサーチレポート, IS-RR-2000-11 (Apr 2000)
  • ネットワークテストベッドにおけるトラブルチケットシステムの構築と運用
    宇多仁, 矢野大機, 本間秀樹, 宇夫陽次朗, 鈴木麗, 村井純, 情報処理学会研究報告 分散システム運用技術, Vol.98, No.36, pp7-12, 情報処理学会, 東京都品川区, (1998)
  • ユービキタスな電子メールサービスについて
    馬場 始三, 宇夫 陽次朗, 山口 英, 篠田 陽一, 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理研究会 研究報告集, July 1996.
  • ロバストな電子メールサービスについて
    馬場 始三, 宇夫 陽次朗, 山口 英, 情報処理学会第77回マルチメディアと分散処理研究会, July 1996.

著書・翻訳・監訳

  • RFCダイジェスト―標準化の森を歩くための地図とコンパス (UNIX MAGAZINE COLLECTION)
    • 著者:宇夫 陽次朗, 末永 洋樹, 小柏 伸夫
    • 出版社:アスキー
    • ISBN:4756146619 (amazon)
    • 出版年:2005年9月
  • FreeBSDネットワーク管理ガイド
    • 著者:Ted Mittelstaedt
    • 翻訳(監訳):小川彩子 (宇夫陽次朗)
    • 出版社:ピアソン
    • ISBN:4894714647 (amazon)
    • 出版年:2001年12月
  • 電子メールプロトコル詳説
    • 著者:Kevin Johnson
    • 翻訳(監訳):小川彩子 (宇夫陽次朗)
    • 出版社:ピアソン
    • ISBN:4894712903(amazon)
    • 出版年:2000年12月
  • spamの撃退 -- sendmail/procmail --
    • 著者:GEOFF MULLIGAN
    • 翻訳:宇夫陽次朗、藤田充典
    • 出版社:ピアソン
    • ISBN:4894711672 (amazon)
    • 出版年:1999年12月
  • 『次世代インターネットプロトコルの仕様と事例: IPv6入門』
    • 著者:Mark.A.Miller
    • 翻訳(監訳):トップスタジオ(宇夫陽次朗)
    • 出版社:翔泳社
    • ISBN:488135728X (amazon)
    • 出版年:1999年6月

解説記事

その他対外発表 (パネル・セミナー等)

  • HIS2005 防災のインターフェイス
    パネルセッション (資料: インターネット・識別子), HIS2005(Human Interface Symposium 2005), 慶應義塾大学SFC, Oct 2005.
  • プレセミナー (インターロップTokyo 2005)
    May 2005.
  • All about 識別子・認証 (インターロップTokyo 2005)
    幕張メッセ, Jun 2005.
  • その他、追加中。。

リンク

ページトップへ