ホーム > IIJ Technical WEEK 2009 ポスターセッション > Cloud computingへの取り組み

Cloud computingへの取り組み

クラウドコンピューティング

インターネットは、情報化社会における「人間とコンピュータの共生」という、半世紀程前に提示された野心的なビジョンに挑戦する地球規模での取り組みでした。そして現在では世界中の様々なコンピュータシステムが情報を交換する巨大な通信インフラへと発展しました。

今日のインターネットをビジョン実現の第一段階と位置付けるならば、現在クラウドコンピューティングと呼称されている「ネットワーク化された大量のコンピュータシステムによる大規模情報処理インフラ」への挑戦は第二段階の発展の方向性であると考えられます。IIJ-IIでは人間とコンピュータの共生というビジョンを実現する研究開発を実施します。

IIJ-IIクラウド研究のターゲット

IIJ-IIでは中期的にはクラウドをインターネット上での発展するコンピューティングインフラと捉えています。クラウドの重要な要素技術として分散ストレージや分散処理基盤が必須となります。これら自体の研究開発に加え、クラウド自体を実現するプロトコルや管理・運用技術の検討や、アプリケーションアーキテクチャなどの応用研究を実施しています。

Gryfon : cloud platform

IIJ-IIでは新たなクラウドコンピューティング・プラットフォームとしてGryfonの研究開発を進めています。Gryfonは多数のノードを結合可能な構造を持つ、大容量データの分散並列処理をスケーラブルに実現可能なクラウド環境です。Gryfonの最大の特徴は構造化オーバーレイ技術によるクラウド構造の柔軟性です。それぞれのノードは自律的にクラウドへの追加・削除が可能なため、クラウド全体での高い冗長性、拡張性を実現します。また、多様なアプリケーションに対応するAPIや、認証・管理機能を備えています。

IIJ-IIではGryfonの応用として、大規模分散ストレージ、分散キャッシュシステムなどの開発を進めています。

クラウド技術によるグリーンIT

地球環境問題への世界的な取組みの重要性が高まる中、膨大な電力を消費するデータセンター(DC)における省エネルギー化が注目されています。IIJ-IIは、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの委託を受け、クラウド技術を利用した分散キャッシュシステムによるデータセンターの省エネルギー化に関する研究開発を行っています。

大規模なインターネットアプリケーションでは同一リクエストを大量に受け付ける場合が多く、それらのアクセスを集約できればデータセンター内のトラフィックやノードのCPUおよびディスクアクセス負荷を軽減できます。IIJ-IIではアクセス集約に分散キャッシュシステムを用いることでクラウド研究をグリーンIT分野にに適用する研究開発を進めています。

分散ストレージ技術

クラウドコンピューティング分野においてデータストレージは重要な要素技術です。IIJ-IIでは次世代分散ストレージ技術に関する様々な研究開発を進めています。たとえば、P2P(Peer-to-Peer)技術などを用いて自律的に動作するストレージ資源を集約して大きなストレージを実現する技術や複数のクラウドをまたがって大きな仮想ストレージを構成する技術です。また、分散ストレージを統一的に管理・運用する仕組みを検討しています。

さらに、クラウドを構成する要素技術として、分散型のKey-Value型のデータストアを用いた柔軟性の高いサービス構築技術と、拡張性の高いクラウド内アプリケーションを開発し実用化を目指しています。

ページトップへ